nord lead

Copyright 2016 Nord Lead All Rights Reserved.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならDX

0

タイトルの品、とあるプロの方からの頂き物だったのですが、
今回、お別れする事になりました。

今はソフトシンセ(擬似的にハードシンセの音を模した物)の全盛の時代ですが、
80年代~90年代一世を風靡した、FM音源シンセのDX7という名機があります。
FM音源は、携帯電話の着信音としても使われていました。
DX7は初音ミクの衣装デザインの元ネタとして有名ですね。

これはその兄貴分? いあ、お姉ちゃんかな?の、DX5。
DX7の2台分の音源を搭載の当時の高級機種。
今ではセミ・ヴィンテージ・シンセの部類に入り、
プロ仕様という事で生産台数が圧倒的に少ない為、中古市場でも高値です。
煌びやかなエレピの音とか本当に気持ちいい。
特に、このFS鍵盤のタッチの良さは今でも非常に根強い人気があって、
指がスッと鍵盤に吸い込まれていく感じ。

FM音源は他のシンセと仕組みが違う為、
頭で理屈はわかってるんだけど、実際の音作りは僕には難易度高かった・・・。
PCM音源の台頭からFM音源は淘汰されていきましたが、
最近、YAMAHAからrefaceDXというFMシンセも発売されたので、
時代がひと周りしてきたのかもしれません。

次のオーナーの所で大事に有効活用される事を願います。

DX5.jpg

DX5のリアルFM音源
 

本日のリネはMLC7を少しとDVをふらふらしていました。
特に何もない通常営業。
LinC0140.jpg


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。